Skip to content

Volvo Recharge

充電して走る、ボルボのRechargeモデル

Rechargeモデルをご紹介しましょう。長距離をより快適に、より高効率に移動するために生み出された、充電して走るボルボです。

次世代のラグジュアリー

排出ガスをゼロまたは最小限に抑えながら意のままにパワーを引き出せる、次世代のラグジュアリーの提案。それがVolvo Rechargeです。先進技術とデザイン、そして持続可能なマテリアルによって創り出された新しいドライビングの世界を、心ゆくまでお楽しみください。

環境にも安全であるために

1927年の創業以来、安全性はボルボの核心であり続けてきました。そしてボルボは今、世界最高水準の安全性に充電して走行するという価値を加えた、Rechargeラインの拡充に取り組んでいます。人びとの安全とその未来のために、ボルボは進み続けます。

電気だけでも走行可能

Recharge Pure ElectricはもちろんRecharge Plug-in hybridもまた、電気モーターのみでの走行が可能です。「Pure」モードを選択すれば、排出ガスはまったく発生させずに、毎日の通勤などの日常的な用途をまかなえます。

Rechargeパワートレーン

プラグインハイブリッド

燃料消費は最小限に、効率と楽しさは最大限に。Rechargeモデルのプラグインハイブリッドシステムは、「Pure」「Hybrid」「Power」の各ドライブモードに応じて電気モーターとガソリンエンジンを協調制御。システムの存在を意識させない扱いやすさを実現しながら、排出ガスを可能な限り削減します。

電動パワートレーン車の維持費は、 同等の内燃エンジン車よりもはるかに低コストです。

購入コスト

電気自動車やプラグインハイブリッド車には多くの国で税制上の優遇措置が設けられており、購入時の費用負担を相殺できます。日本では、自動車税や自動車重量税が減免されるほか、電気自動車では購入時に補助金が支給されます。

メンテナンスコスト

電気自動車の場合、可動機械部品やフルード類が少なくなるため、サービスやメンテナンスのコストを低く抑えられるケースが少なくありません。

充電コスト

電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電は、多くの場合、自宅や勤務先にて行うことになります。その際にかかる電気料金は、内燃エンジン車が同等の距離を走行するために要する燃料費に対し、大幅に低く抑えられます。

Volvo V90 Cross Country

自宅で充電することができない場合

自宅での充電が困難だとしても、ご心配にはおよびません。ボルボの48V ハイブリッド搭載モデルをご検討ください。ブレーキ回生エネルギーを加速時の駆動力として再利用する48V ハイブリッドが、燃料消費を抑えながらもスムーズな走りをあなたにお届けします。

持続可能な未来のために。 Rechargeモデルは、未来に向けたボルボの大きなビジョンの一部分にすぎません。

2020年

すべての車種においてプラグインハイブリッドモデルを発売するとともに、ボルボ初のピュアエレクトリックSUV、XC40 Recharge Pure Electricの販売を開始しました。

〜2025年

全販売車両の50%をピュアエレクトロニックモデルとし、残りはハイブリッドモデルとすることを目指します。

〜2040年

パリ協定の長期目標に準じ、バリューチェーン全体にわたってクライメートニュートラルな企業を目指して積極的に取り組んでいきます。

ボルボ デジタル ラウンジ

ボルボ車についてのムービーでのご紹介や見積シミュレーション、 オンラインでの商品説明申し込みなども承っております。

プラグインハイブリッド モニターキャンペーン

圧倒的な走行性能と地球環境への配慮。 プラグインハイブリッドの魅力をあなた自身でご体感ください。 さらに試乗後にはダブルチャンスも。

Front view of Volvo XC60 Recharge car

Volvo Rechargeに関する疑問にお答えします。

記載されている機能は、モデルおよびグレードにより標準装備されていない、あるいは選択ができない場合があります。