Skip to content

Rechargeモデルを充電する

Rechargeモデルの充電について知っておきたい基礎知識

車の充電ポートに接続された充電ケーブル

Rechargeモデルと過ごす毎日をより充実したものにするためには、充電に関する知識が欠かせません。あなたのライフスタイルにちょうどいい充電方法を見つけましょう。

プラグインハイブリッド

燃料消費は最小限に、効率と楽しさは最大限に。Rechargeモデルのプラグインハイブリッドシステムは、「Pure」「Hybrid」「Power」の各ドライブモードに応じて電気モーターとガソリンエンジンを協調制御。システムの存在を意識させない扱いやすさを実現しながら、排出ガスを可能な限り削減します。

充電して走る、ボルボのRechargeモデル

ライフスタイルに合わせて最適なモデルをお選びいただけるように、ボルボ全モデルにプラグインハイブリッド車をラインナップしています。

どこで充電できますか?  身近にある充電設備が多いほど、充電して走る電動パワートレーン車の恩恵は大きくなります。

XC40 Recharge Pure Electric
充電中のXC40 Recharge Pure Electric
公道に備えられた充電スタンドと接続しているXC40 Recharge Pure Electric。
XC40 Recharge Pure Electric

確実に充電できる場所を確保できる

自宅の駐車スペースや勤務先の駐車場での充電が可能で、電源や充電器が確実に利用できるのであれば、毎日の生活のなかでごく自然に充電を済ませることができます。電気自動車とプラグインハイブリッド車の両方に最適な環境といえるでしょう。(電気自動車の日本導入時期は未定です)

充電中のXC40 Recharge Pure Electric

空いていれば利用できる

自宅での充電が困難で、頻繁に利用する駐車場でも常時充電できるとは限らないなら、充電が不十分でもエンジンで走行できるプラグインハイブリッド車のほうが、より柔軟に対応できます。走行パターンや充電設備の空き具合によっては、電気自動車のほうが適している場合もあります。

公道に備えられた充電スタンドと接続しているXC40 Recharge Pure Electric。

主に公共の充電設備を利用する

ジムやショッピングモールのような場所で、公共の充電設備を短時間だけ利用する機会が多いなら、プラグインハイブリッド車が最適な選択肢でしょう。あるいは、ブレーキ回生による充電機構を備え、外部からの充電が不要な、マイルドハイブリッド車が適しているかもしれません。

どれくらいの頻度で充電する必要がありますか?  充電する車両の使用頻度と走行距離によって変わります。

日常的な用途での短距離走行

電気自動車なら日常的な用途で使用した場合の終日の走行距離は十分にカバーできるので、週に数回程度の充電で済むものと考えられます。プラグインハイブリッド車の場合は、電気モーターのみで走るEVモードでは片道しか電力が持たないのであれば、燃料消費を抑えるためにも片道ごとに充電したほうがいいでしょう。(電気自動車の日本導入時期は未定です)

中程度の走行距離

電気自動車なら日常的な用途で使用した場合の終日の走行距離は十分にカバーできますが、一度に走る距離によっては目的地に到着した時点で充電する必要があります。プラグインハイブリッド車では、電気と燃料の両方を使用することになるでしょう。

旅行などでの長距離走行

電気自動車には長距離通勤や週末旅行に十分な最大走行可能距離が確保されていますが、途中で充電できる余裕を旅程に組み込んでおく必要はあるでしょう。プラグインハイブリッド車では、電気と燃料の両方を使用することになります。

充電にはどれくらいの時間がかかりますか? 所要時間は充電方式と車両の仕様によって異なります。*

プラグインハイブリッドバッテリーの理想的な動作範囲を示すために5%から100%まで強調表示された、バッテリー充電率の棒グラフ。

プラグインハイブリッド車を充電する

電気モーターの駆動時間を最大限に増やすためにも、常に100%まで充電するように心がけましょう。ガソリンエンジンも搭載されていますので、走行中に充電残量を気にする必要はありません。

3〜4時間

3.6kW交流急速充電器/ウォールボックスの場合

4〜8時間

家庭用220V交流充電ケーブルの場合

充電方式について

家庭用コネクタの時間と走行距離の例を表示したAC充電
家庭用交流充電ケーブル

国によって電圧が異なるため所要時間は変わりますが、一般的な家庭用220V交流充電ケーブルでは1時間あたり7〜14kmを走行できる電力を充電できます。プラグインハイブリッド車を夜間に充電する、あるいは電気自動車を継ぎ足し充電する利用方法に最適であり、電気自動車を完全に充電することが主目的なら実用的ではありません。電気自動車を完全に充電する用途には、所要時間がもっとも短く手軽に利用できるウォールボックス型充電器の設置をお勧めします。

AC高速充電/ウォールボックスの時間と走行距離の例を表示
交流急速充電/ウォールボックス

ウォールボックス型充電器は、電気自動車やプラグインハイブリッド車を自宅で充電する最速の方法です。XC40 Recharge Pure Electricであれば1時間あたり走行距離50〜60km分が充電速度の目安で、Recharge Plug-in hybridなら3〜4時間で完全に充電できます。公共の充電ステーションの多くで導入されている、もっとも一般的な充電設備です。

DC高速充電時間と走行距離の例を表示
直流急速充電

公共の充電ステーションでのみ利用できる直流急速充電器は電気自動車の充電を主目的としており、多くは先を急ぐ長距離ドライブの途中で利用されます。一般的な交流充電器よりもはるかに高い電圧と電流で充電するため所要時間は短縮されますが、その分だけ高コストです。通常、150kWの充電ステーションなら10分で最大100km分、50kWならおよそ30km分の電力を充電できます。

電動パワートレーン車の維持費は、 同等の内燃エンジン車よりもはるかに低コストです。

購入コスト

プラグインハイブリッド車や電気自動車には多くの国で税制上の優遇措置が設けられており、購入時の費用負担を相殺できます。日本では、自動車税や自動車重量税が減免されるほか、電気自動車では購入時に補助金が支給されます。

メンテナンスコスト

電気自動車の場合、可動機械部品やフルード類が少なくなるため、サービスやメンテナンスのコストを低く抑えられるケースが少なくありません。

充電コスト

電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電は、多くの場合、自宅や勤務先にて行うことになります。その際にかかる電気料金は、内燃エンジン車が同等の距離を走行するために要する燃料費に対し、大幅に低く抑えられます。

充電中のボルボ車

家庭用充電器の設置

家庭用のEV/PHEV充電器は、ボルボ推奨の専門業者が設置作業を行います。 24時間365日のアフターサービスと長期施工保証で安心のサポートです。

電動パワートレーン車の充電に関する疑問にお答えします。