私たちのストーリー

ボルボ・カーズはその当初から、私たちが住んでいる世界と私たちの周りの人々を大切にする人々のためのブランドでした。私たちは、人生をよりシンプルに、より良く、安全にすることを私たちの使命にしました。

ボディカラーがグレーのボルボC40

人々のために、そしてその未来のために。
私たちは誰にもに、パーソナル、サステナブル、そして安全な方法で移動できる自由を提供したいと考えています。

パーソナリティ

いつでもどこでも必要なときに、ボルボ車のオーナーシップと魅力的なサービスを提供する新しいモデルで、私たちはあなたの人生をよりシンプルに楽にすることを目指しています。

サステナビリティ

私たちがともに暮らすこの世界を守るためには、自動車の電動化にとどまらない取り組みが必要です。そのため私たちは、事業活動、私たちが製造する車両、そして社会におけるサステナビリティの再考を進めています。

セーフティ

私たちは、常に他の人への配慮を持っている、そんな人のための車を作っています。したがって、安全性に関しては、私たちはあなたとあなたの大切な同乗者の方に対するのと同じくらい、あなたの周囲についても考慮しています。

数字で見るボルボの業績

記録的な成長を遂げた2021年は、通期で過去最高の売上高と収益性を達成しました。

20.3十億

営業利益(EBIT=利息及び税金控除前利益、スウェーデン・クローナ)

7.2%

EBITマージン

698.7

販売台数(台)

282十億

売上高(スウェーデン・クローナ)

ストラテジー

急速な成長

急速な成長

ボルボはもっとも成長著しいプレミアムブランドのひとつです。そしてボルボには、社会のトレンドと調和する、独自のブランドと価値観が備わっています。私たちはすでに高い業績を達成してきましたが、製品計画や設備容量は今後のさらなる成長にも対応が可能です。

電力供給

急成長するプレミアムEVセグメントにおいて、ボルボは市場を牽引する地位を築いています。また、製品計画についても、バッテリー技術に関する明確なロードマップの後押しを受け、パワートレーンの完全電動化に焦点を合わせています。2020年代半ばまでに販売台数の50%を、そして2030年までに全数を電気自動車とすることが私たちの目標です。

顧客とのダイレクトな関係

強力なリテールパートナーとともに築き上げた顧客との関係は、日々親密になっています。さらに私たちは、顧客の希望する時間に指定された場所でお会いするだけでなく、オンラインオーダーやサブスクリプションなどの選択肢を用意することで、モビリティの選択をよりシンプルにしていきます。

新たな技術をいち早く導入

私たちは新しいコアコンピューティング技術を独自に開発しており、スピーディな価値創造を目指しています。同様にソフトウェア開発についても内製化を進めることで、所要期間の短縮を図っています。また、車両の改良については、ライフサイクルを通して実施していく方針です。こうした対応力の向上により、私たちはさらに高い水準の安全性と自動運転技術を実現していきます。

迅速な変革

ボルボの組織的な特徴として、独自の文化と技術面でのオープンな提携関係が挙げられます。最先端で活躍するハイテク企業とのパートナーシップは、私たちが急務として取り組んでいる変革、すなわち選ばれる雇用主ならびに優先されるパートナーを目指すという目標の実現に、大きく貢献しています。

急速な成長

ボルボはもっとも成長著しいプレミアムブランドのひとつです。そしてボルボには、社会のトレンドと調和する、独自のブランドと価値観が備わっています。私たちはすでに高い業績を達成してきましたが、製品計画や設備容量は今後のさらなる成長にも対応が可能です。

電力供給

急成長するプレミアムEVセグメントにおいて、ボルボは市場を牽引する地位を築いています。また、製品計画についても、バッテリー技術に関する明確なロードマップの後押しを受け、パワートレーンの完全電動化に焦点を合わせています。2020年代半ばまでに販売台数の50%を、そして2030年までに全数を電気自動車とすることが私たちの目標です。

顧客とのダイレクトな関係

強力なリテールパートナーとともに築き上げた顧客との関係は、日々親密になっています。さらに私たちは、顧客の希望する時間に指定された場所でお会いするだけでなく、オンラインオーダーやサブスクリプションなどの選択肢を用意することで、モビリティの選択をよりシンプルにしていきます。

新たな技術をいち早く導入

私たちは新しいコアコンピューティング技術を独自に開発しており、スピーディな価値創造を目指しています。同様にソフトウェア開発についても内製化を進めることで、所要期間の短縮を図っています。また、車両の改良については、ライフサイクルを通して実施していく方針です。こうした対応力の向上により、私たちはさらに高い水準の安全性と自動運転技術を実現していきます。

迅速な変革

ボルボの組織的な特徴として、独自の文化と技術面でのオープンな提携関係が挙げられます。最先端で活躍するハイテク企業とのパートナーシップは、私たちが急務として取り組んでいる変革、すなわち選ばれる雇用主ならびに優先されるパートナーを目指すという目標の実現に、大きく貢献しています。

私たちには意欲的な目標があります

私たちは、安全性、サステナビリティ、オンラインビジネスにおいて最先端を目指すとともにグローバルな人材のための新しい基準を設定すべく、従来型の自動車産業からの脱却を進めています。その一環として、私たち自身と社会が直面している課題に取り組むための明確な道筋を、中期的な経営計画で示しています。

ボルボ・カーズは2040年までにクライメイト・ニュートラル企業となる目標に向けて取り組んでいます。

急成長を続けるボルボは、2015年以降、販売記録を毎年更新しています。私たちは、その勢いを止めることなく2020年代半ばまでに年間販売台数120万台を達成することを目指します。

ボルボはすでにXC40 Recharge Pure ElectricならびにC40 Rechargeという2車種の電気自動車を市場導入していますが、これは始まりに過ぎません。2020年代半ばまでに世界販売台数の少なくとも50%を電気自動車に、残りをハイブリッド車にすることを、私たちは目指しています。これは、私たちが販売するすべての車両を2030年までに電気自動車にするという目標に向けた、重要なステップです。

私たちは顧客の希望する時間に、指定された場所でお会いすることができます。オンラインオーダーは増加しており、私たちもその傾向への対応を進めています。オンラインによる受注は2020年代半ばまでに少なくとも半数に達する見込みですが、強力なリテールパートナーを通じての対面販売も継続することで、顧客が期待するシンプルさと利便性を提供できるものと考えています。

成長するプレミアムEVセグメントから生まれる好機を確実につかむことを目指し、2020年代半ばまでにEBITマージン8〜10%を達成するという高い目標を設定しています。

私たちは、2020年代半ばまでに車両1台あたりのライフサイクルCO2総排出量を2018年比で40%削減することを目標にしています。この目標を達成するには、車両からの排出ガスだけを削減するパワートレーンの電動化では不十分です。事業活動とサプライチェーンまで含めたCO2排出量の削減が必須であり、私たちはその実現に向けて取り組んでいきます。

クルマの魅力は機能や装備によって際立ち、それらを司るのはソフトウェアであるという考えから、私たちはソフトウェア開発の内製化を進めています。 ボルボの次世代電気自動車は、独自のオペレーティングシステムにより制御される予定です。私たちは、2020年代半ばに全ソフトウェアの50%を自社開発とすることを目標としています。

ボルボはグローバル企業であり、従業員の国籍もさまざまです。そしてそれぞれの部署が、異なる考えや経験、経歴、個性を取り入れながら成長しています。 多様かつ包括的なチームによる質の高い意思決定は、継続的な成功に欠かせません。だからこそボルボは、選ばれる雇用主であろうと努力しています。

ボルボ・カー・グループ – グループ企業の紹介

ボルボ・カー・グループは浙江吉利控股集団(ジーリー・ホールディング・グループ)の傘下にあり、ボルボ・カーズ、Zenseact(ゼンセアクト、ボルボ・カーズが85%所有)、モビリティ事業を手掛けるMで構成されています。 ボルボ・カー・グループはまた、ハイパフォーマンスEVブランドのPolestar(ポールスター、ボルボ・カーズが49.5%を保有)、成長著しい高級車ブランドのLynk & Co(リンク・アンド・コー、同30%)などの戦略的関連企業への大規模な出資も行っています。 合弁事業:HaleyTek – ボルボ・カーズおよびECARX – グループ内外の企業に向けて、Android Automotive OSを基盤とするインフォテイメントシステムのプラットフォームを開発。Aurobay – ボルボ・カーズおよび浙江吉利控股集団、ボルボ・カーズが33%を保有 – 低排出ガス内燃機関パワートレーンの開発・生産における、グループ内外の企業のシナジーを創出。

ボディカラーがホワイトのPolestarモデル

Polestar

ハイパフォーマンスEVブランド。

ボディカラーがホワイトのLynk & Coモデル

Lynk & Co

自動車の入手方法を再定義する、柔軟な発想から生まれた技術主導型モビリティ。

自動運転技術

Zenseact

ボルボ車の自動運転ソフトウェア開発を行うグループ企業。

モビリティカー

M

カーシェアリングサービスを手掛けるモビリティ企業。

私たちはグローバルな企業です

ボルボのグローバル本社所在地は1927年以来、創業の地であるスウェーデンのイェーテボリのまま変わっていません。加えて南北アメリカ地域の本社をニュージャージー州マファに、アジア太平洋地域の本社を上海に置いています。 車両製造はイェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、チャールストン(米国)、成都、大慶および台州(中国)の生産拠点にて行われており、100カ国以上で販売されています。 ボルボのグローバルな企業活動についての詳細は、この動画をご覧ください。

ボルボのラムダセンサーシステムの背後にいる男性が、彼が発明したものを示しています。

会社情報

投資家情報ページでは、ボルボ・カーズのリーダーシップ、各種報告書、ガバナンスなどのさまざまな企業情報をご案内しています。

ボルボのラムダセンサーシステムの背後にいる男性が、彼が発明したものを示しています。

過去から現在まで

いつの時代もボルボは先駆者であり続けてきました。ボルボは、自動車の安全性の歴史の中で最も重要な技術の発明や革新によって、お客様の安全性を継続的に向上させています。私たちと共に、思い出の小道を下るエキサイティングな旅を過ごし、私たちの波乱に富んだ歴史と象徴的な車についてもっと学んでみませんか。