世界を変えるようなアイデアほど、批判されやすい

3点式シートベルトを導入した後、私たちは批判の的となりましたが、それ以来、100万人以上の命を救ってきました。そして今、世界中の人々のために、また一歩進化を遂げる時がやってきました。

A million more.

ボルボは、既存の安全機能に新たな機能を加えることで、今後さらに100万人以上の命を救うことを決意しました。

詳細はこちら
最高速度制限

スピード超過の危険性を訴えるために、2020年よりすべてのボルボ車の最高速度を180km/hに制限しました。また、スマートな速度制御や位置情報を使ったジオフェンシング技術によって、将来的に学校や病院の近くで速度を自動的に制限するといった技術の可能性についても視野に入れています。

ハイウェイ・パイロット

LiDARセンサーのサポートにより、次世代のボルボ車は自動運転に対応したハードウェアとなります。そして将来的には、高速道路における完全な自動運転を提供するために、無線でのソフトウェアアップデートを推し進めていきます。

ドライバー・モニタリング・カメラ

酩酊状態や注意散漫時の危険運転に対処するために、新たな車内のソリューションに取り組んでいます。ドライバー・モニタリング・カメラとその他センサーを併用し、ドライバーが明らかに酩酊している、もしくは注意が散漫し、死亡・重傷事故のリスクがあると判断すると、車両を停止させます。

ケア・キー

ボルボではこのほど、スピードの出しすぎへの対応を目的としたケア・キーを導入しました。例えば、ボルボ車のオーナーが家族の中で若い方や運転経験の浅いドライバーに車を貸す際には、最高速度が制限することができるケア・キーを渡すことで、より安全な運転へと導くことができます。

上記の各機能は、すべての車種、パワートレーン、モデルイヤー、地域で標準装備されている訳ではありません。

命を救われた100万人のうちの一人

彼らが悲しい事故を機に、彼らの人生にどのようにポジティブな変化をもたらしたのか。彼らの実体験からの声をお聞きください。

エイミーの場合

エイミー・マーは、複数台の車の衝突事故に遭遇。シートベルトが彼女の命を救いました。

サマーの場合

衝突事故によってサマーの車は大破してしまいましたが、シートベルトが彼女の生死を分けました。

リンダとモリーの場合

シートベルトがなかったら、リンダとモリーのスキー旅行が彼女らの最後になっていたかもしれません。

アレックスの場合

アレックスの命を奪いかけた衝突事故では、シートベルトを着用していたおかげで傷一つだけで済みました。

数十年にわたるイノベーション

1927年の創業以来、私たちは常に人を第一に考えて車をデザインしてきました。我々が最も重要視している安全性について、長年にわたり、我々が世に送り出したイノベーションの数々をご覧ください。
詳細はこちら
これらの動画には、実在の人物の実話が含まれており、出演に際しては出演料をお支払いしております。ボルボ・カーズの安全機能は、安全運転を補完するものであり、注意散漫な運転、攻撃的な運転、その他の危険運転や違法運転を可能にしたり、奨励したりするものではありません。最終的には、ドライバーは常に車両を安全に運転する責任があります。