E.V.A. プロジェクト

クルマはすべての人を守るべき

クルマの中では、すべての人が同じように守られているわけではありません。そのため、平均的な男性を対象とするのではなく、すべての人にとってクルマがより安全なものになることを願い、40年以上にわたるボルボの安全に関する研究を公開いたします。

平等に安全なクルマ作りのために

女性がクルマを運転するとき、誰もが自分は安全だと思い込んでいます。しかし、2019年になった今でも多くの自動車メーカーでは、男性の衝突実験用ダミーを使った実験データに基づいてクルマが設計されています。そのため、女性がむち打ち症になるリスクは、男性と比べて高くなります。

しかし、ボルボは違います。1970年代から実際の事故データを収集しているボルボの事故調査隊は、衝突中に何が起きるのかを熟知しています。このデータでは男女を平等に扱っているため、実験の際も当然、同様に扱うべきだとボルボは考えます。そこで今回、40年以上にわたる研究結果をE.V.A. プロジェクトとして公開することにしました。この研究結果を誰でもダウンロードできるようにすることで、あらゆるクルマがより安全になることを願っています。なぜなら、ボルボは常に人を第一に考えているからです。

“「長年にわたって実際の事故データを収集してきたことで、さまざまな事故において男性、女性、子どもが負う怪我を特定することができるのです」”



ロッタ・ヤコブソン博士, ボルボ・カーズ セーフティ・センター シニア・テクニカル・スペシャリスト

40年以上にわたる研究結果

ボルボの事故調査隊が結成されたのは1970年。以来このチームでは、40,000台以上の車両と70,000人以上の乗員のデータを収集して分析してきました。 今日のボルボのクルマに搭載されている画期的なシステムの多くは、このチームの研究結果に基づいています。

むち打ち症のリスクを半減するシート

男性と比較すると、女性がむち打ち症になるリスクは高くなります。その原因は、骨格や身体の強さの違いにあります。しかし、ボルボのシートでは違います。たとえば、独自の頑丈なヘッドレストに、頭部と脊椎の両方を保護する独創的なシート構造を組み合わせたボルボのWHIPS(後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシート )。このシステムを採用することで、むち打ち症になるリスクの男女差をなくしています。

インテリジェントな安全シールド

女性の場合、胸部の骨格や強度の違いから、自動車事故の際に胸部に怪我を負うリスクが男性よりも高くなります。

ボルボは最適な保護機能を目指し、乗員が受ける衝撃を最小限に抑えられるようなクルマの構造やシートベルト、サイド・エアバッグの開発を重ねてきました。ボルボが開発した画期的なSIPS(側面衝撃吸収システム)はインテリジェントな構造を採用しており、最大限の安全性能を発揮します。SIPSが側面衝撃エアバッグと連動することで、性別や体格を問わず、胸部に重傷を負うリスクが50%以上も低くなるのです。

あらゆる頭部を保護する

女性は側面衝撃に対する保護も必要としています。これは、身長が低いほど車内での着座位置が低くなり、ステアリング・ホイールとの間隔が狭くなることが原因ですが、ウインドウ全体を覆うインフレータブル・カーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ) が重要な役割を果たします。

SIPSに加えてインフレータブル・カーテン・エアバッグが作動することで、頭部に怪我を負うリスクが約75%低減されます。このエアバッグはわずか1/25秒で膨らみ、頭部が車外の物体やその他に激突するのを防ぎます。 最初のインフレータブル・カーテンは、側面衝撃保護を一歩前進させ、前席と後席の両方の乗員の保護性能を改善した初めてのエアバッグ・システムでした。

最も効果的な交通救命具

交通事故は誰にでも起こり得ます。これまでにボルボのシートベルトは100万人以上の命を救ってきました。体格や性別、身長にかかわらず、すべての人を守ってきたのです。しかし、他の人にはない固有のリスクを負うのが妊娠した女性たちです。

その点において、あらゆるタイプの衝突から乗員を保護するボルボのシートベルトは、交通安全における最も重要な発明の一つと言えます。平均的な体型の妊婦とその胎児についての理解を深めるため、ボルボは世界で初めて、平均的な体型の女性をモデルにした妊婦の衝突試験用ダミーを開発しました。このコンピューター・モデルを使用することで、衝突の際に乗員がどのように動き、シートベルトとエアバッグが特に妊婦と胎児にどのように影響を及ぼすかについて研究することができるのです。

“「クルマを動かすのは人である。したがって、ボルボのモノづくりの根底にある理念は『安全』であり、これからもそうでなければならない」”



グスタフ・ラーソン, ボルボ共同創業者

ボルボの安全に関するイノベーションの詳細はこちら

平等に安全なクルマ作りのために

1950年以来、実際の交通事故に遭遇した43,000台以上のクルマと72,000人以上の乗員に関する研究を積み重ねてきました。その結果、WHIPSやSIPSなど多くの画期的なシステムや、数え切れないほど多くの子ども向けの安全な商品に応用されています。この度、100件以上の研究論文を集め、誰でもダウンロードできるようにしました。これによって、性別や体格に関係なく、すべての人にとってクルマがより安全なものになることを願っています。

E.V.A. - EQUAL VEHICLES FOR ALL

FAQ

  • ボルボはいつから女性の衝突実験用ダミーを使って実験しているのですか?

    ボルボは1995年から女性の衝突実験用ダミーを使っています。最初に使用したのは、その当時に唯一用意できた小型の正面衝突実験用女性ダミー「HIII 5th percentile」です。その後、2001年に小型の側面衝突用ダミー「SID2s」を導入しました。さらに、世界初となる中型の衝突実験用女性ダミーとして、2000年代前半に妊婦の仮想モデルを開発しました。それから10年後、EvaRIDを共同開発した唯一の独自自動車製造メーカーとして、追突事故時のむち打ち症を評価するための中型の衝突実験用女性ダミーを衝突実験用ダミーの一種として加えました。

  • ボルボ・カーズはどのようにして実際の事故データに基づく安全なクルマを開発しているのですか?

    ボルボ・カーズが1970年からスウェーデンで収集してきたデータは、ボルボ・カーズの交通事故統計データベースに保存されています。このように事故データを統計学的にまとめることで、特定の事故において発生しやすい怪我の種類の情報を得ることができ、そのデータを活用できます。さらに、長年にわたって同じ手法でデータを収集してきたことで、これまでの取り組みの進捗を把握し、年を追うごとに成功率を上げることにもつながるのです。

  • ボルボ・カーズは何件の衝突データを収集してきたのですか?

    1967年に行った事前研究では、28,000件の事象からデータ収集を始めました。そして1970年以降、実際の交通事故に遭遇した43,000台以上のクルマと72,000人以上の乗員に関する情報を統計データベースに加えてきました。またこれに加えて、分析を行う際には複数の国際データベースのデータも使用しています。

  • E.V.A プロジェクトからどのような情報を得ることができますか?

    このプロジェクトにアクセスしてダウンロードできる情報は、100件を超える研究論文の集大成です。そのなかには、ボルボ・カーズが1950年代から開発してきた安全を高めるためのイノベーションの根底になった研究論文も含まれています。

  • ボルボが掲げる「Vision 2020」とはどのようなものですか?

    新しいボルボ車での死亡者や重傷者をゼロにするという目標です。

  • ボルボ車に乗ってもやはりシートベルトの着用は必要ですか?

    はい。自動車事故に遭遇した際に命を守り、怪我を軽減するうえで、シートベルトは最も効果的な手段であることに変わりありません。世界のほとんどの国において、シートベルトの着用は義務化されています。またボルボでは、すべての人の安全をいっそう高めるために、日々シートベルトの開発が続けられています。

すべての人のメリットになる安全

ボルボが自動車の製造を始めたのは、スウェーデンの道を安全に走ることができるクルマはボルボにしか造れないと信じていたからです。長年にわたってボルボは、この安全に対するコミットメントに実際の事故から得た知識を組み合わせることで、安全を高めるための独自のイノベーションやSIPS、WHIPS、ICなど、現在の標準的な装備をボルボの全新型モデルに導入してきました。

※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、
日本仕様と異なる場合があります。
また、仕様は予告なく変更される場合があります。
詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。