Skip to content

運転支援システム

運転支援システムは、どこへ行くときも安心して運転できる快適性と操縦性を提供します。現行のボルボ新車に採用されている運転支援システムの一部をご紹介します。

衝突回避

高度なシステム制御によって、昼夜を問わずいつでも、他の車両、歩行者、サイクリストとの衝突を検知し回避することができます。システムは、必要に応じて、音声、視覚による警告、ブレーキのパルスによる警告でドライバーをサポートします。また、衝突が迫っている場合や、交差点での右直事故の危険が差し迫った場合は、衝突回避・被害軽減ブレーキがかかります。*

LKA(レーン・キーピング・エイド)

LKAは、高速道路での走行時に快適性と安全性をもたらします。方向指示器を使用せずに車線を逸脱しそうになった場合、元の車線に戻るようにステアリングを優しく戻します。このステアリング操作が十分でない場合や、車線をまたぎ続けた場合は、ステアリングの振動で警告します。道路上の車両位置を常に把握し、65km/h以上の速度域でスムーズなサポートを提供します。***

ランオフロード・ミティゲーション(道路逸脱回避支援機能)

ランオフロード・ミティゲーションは、道路からの誤った逸脱を防止するのに役立ちます。車線の外側にはみ出した場合は、車を道路に戻すためのハンドル操作をサポートします。必要に応じてブレーキも作動させ、道路からの逸脱を回避しようと作動します。この機能は65km/hから140km/hの間で作動します。

衝突回避・被害軽減ブレーキ機能付CTA(クロス・トラフィック・アラート)

CTAによる運転支援では、駐車スペースからの後退時に後方の安全を確保するために、接近車両のアラートや衝突回避・被害軽減ブレーキ機能を備えています。**

ステアリング・アシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付ブラインド・スポット・インフォメーション・システム)

ステアリング・アシスト付BLISは、交通量の多い道路での緊張感をアラートとアクティブサポートで和らげ、自車線から逸脱した際に元の車線に戻るように運転を支援します。他の車が死角に入ってきたり、両脇から急接近してきたりする場合、BLISは左右のドアミラーのライトで警告します。***

360°ビューカメラ

4台の高解像度カメラで360度の鳥瞰図を表示できるため、限られたスペースに安心して出入りできます。

コネクテッド・セーフティ ※日本未導入

クラウドベースの通信により、道路状況情報の受信と共有が可能です。クラウドベースの通信により、道路状況の情報を受信して共有することができる機能です。リアルタイムのデータは、ドライバーディスプレイやオプションのヘッドアップディスプレイ上の表示によって、あなたと他のドライバーが前方の状況に備えるのに役立ちます。また、前方の道路で接続されている他の車両が滑りやすい路面状況を検知した場合は、アラートでお知らせします。***

上記の各機能は、すべての車種、パワートレーン、地域で標準装備されている訳ではありません。

* ドライバーは常に安全運転を心がけてください。** ドライバーをサポートする機能は、ドライバーの注意力や判断力に代わるものではありません。CTAは、状況によっては機能が制限される場合があります。ブレーキ介入は低速時のみ有効です。*** ドライバーはLKA、BLIS、コネクテッド・セーフティを無効にすることができます。