Skip to content

私たちの歴史

ボルボは自動車メーカーとして、1927年に創業しました。その当時、スウェーデンの道を安全に走ることのできる自動車がどこにも存在しなかったからです。以降、現在までの長い間にボルボが送り出してきた数々のモデルと輝かしいマイルストーンをご紹介しましょう。

ボルボを象徴する名車たち

ボルボを象徴する数々の名車をご覧ください。1927年に誕生した第1号車から始まり、最新のラインナップまでご紹介していきます。

ボルボの歴史

工場のゲートをくぐり抜け、ボルボの第1号車がロールアウト。

1927年 – 最初の1台が工場からロールアウト

ステージに上げられたグレーのPV444。

1944年 – “リトル・ボルボ”の誕生

1953年 – デュエットを祖とするエステートの伝統

貨物船から次々と陸揚げされていくPV444。

1955年 – 米国への輸出を開始

考案者として自ら3点式シートベルトを紹介するニール・ボーリン(1959年)。

1959年 — 3点式シートベルト

丘陵に佇むボルボ240。

1976年 – 米国において安全基準のベンチマークに

橋を背景にしたレッドのボルボ850。

1991年 – 4つのイノベーションを備えたボルボ

郊外の道を疾走するグレーのボルボXC90。

2002年 – ボルボ初のSUV

製造中のボディを検査する女性工場員。

2013年 – 中国に最初の製造工場を建造

走り去るリアスタイルが印象的なブラックのボルボXC90。

2015年 – 第2世代のXC90

ボルボ初のコンパクト・シティSUV、XC40。

2017年 – ボルボ初のコンパクトSUV

製造ライン内を移動するレッドのボルボS60。

2018年 – ボルボ初の米国工場

完全電動SUVのボルボXC40 Recharge P8は、充電設備のプラグを接続するだけで簡単に充電可能。

2019年 – ボルボ初の完全電動SUV

バックルに「1959年以来」の文字が刻印されたグレーの安全ベルト。

長年にわたる安全技術の革新

1927年の創業以来、私たちは常に人を第一に考えて車をデザインしてきました。我々が最も重要視している安全性について、長年にわたるイノベーションの数々をご紹介します。

宇宙から見た地球の姿。

サステナビリティの遺産

ボルボは長年にわたり、環境負荷の低減に向けて取り組んできました。これまでにボルボが行ってきた行動をご覧ください。