セーフティ

ボルボは数十年にわたり自動車の安全性を牽引し、乗員のみならず周囲の人びとまで含め、その安全に寄与してきました。安全は私たちがなにより大切にしている企業文化であり、私たちの活動すべての中心にあります。

ボルボ車に寄りかかる男性と、その左側を歩く二人。

私たちは、モビリティにおいて安全でインテリジェントなテクノロジーの開発を進め、人びとが毎日の生活のなかで大切にしているものを守る、パイオニアであることを目指します。

私たちは安全性を重視しています。安心してドライブしていただくために。

多くの命を救った発明

多くの命を救った発明

ボルボのエンジニアだったニルス・ボーリンがボルボ車に3点式シートベルトを導入したのは、1959年のことでした。自動車の安全性においてもっとも重要なイノベーションであり、これまでに100万人以上が3点式シートベルトに命を救われています。

データに基づいた研究

ボルボは1970年代以降、43,000台以上におよぶ、実際の事故車両と約72,000人の関係者の情報をもとに解析を続けてきました。自動車の安全性の歴史に大きな変化をもたらした数々の機能は、そのデータに基づき開発されました。

セーフ・スペース・テクノロジー

最先端のセンシング技術により、あなたや同乗者にとって、さらにはほかの道路利用者にとっても安全な空間を提供します。ボルボ車に標準装備されているすべての安全機能を含むセーフ・スペース・テクノロジーの目的は、ボルボ車を利用するあなたの安全を確保し、その安全を実感していただくことにあります。 最初の次世代モデルとなるボルボEX90は、セーフ・スペース・テクノロジーが搭載され、光の反射により対象物までの距離、速度、形状をきわめて正確に測定する光学デバイスであるLiDARが採用されます。

多くの命を救った発明

ボルボのエンジニアだったニルス・ボーリンがボルボ車に3点式シートベルトを導入したのは、1959年のことでした。自動車の安全性においてもっとも重要なイノベーションであり、これまでに100万人以上が3点式シートベルトに命を救われています。

「3-POINT SEATBELT SINCE 1959」の銘文が入ったシートベルトバックルをアップで写した画像。

データに基づいた研究

ボルボは1970年代以降、43,000台以上におよぶ、実際の事故車両と約72,000人の関係者の情報をもとに解析を続けてきました。自動車の安全性の歴史に大きな変化をもたらした数々の機能は、そのデータに基づき開発されました。

無数のドットにより人型を描いたデジタルレンダリング。

セーフ・スペース・テクノロジー

最先端のセンシング技術により、あなたや同乗者にとって、さらにはほかの道路利用者にとっても安全な空間を提供します。ボルボ車に標準装備されているすべての安全機能を含むセーフ・スペース・テクノロジーの目的は、ボルボ車を利用するあなたの安全を確保し、その安全を実感していただくことにあります。 最初の次世代モデルとなるボルボEX90は、セーフ・スペース・テクノロジーが搭載され、光の反射により対象物までの距離、速度、形状をきわめて正確に測定する光学デバイスであるLiDARが採用されます。

ブルーサーフェス上にいくつかのオブジェクトを描いたデジタルレンダリング。

衝突事故のない世界

安全水準を次の段階へ高めるには、高度な技術が不可欠です。衝突事故のない世界という新たな目標に向かって、私たちは常に安全水準の向上を目指しています。

自動車のアウトライン、人物、その他オブジェクトを描いたデジタルレンダリング。

私たちの探求に終わりはありません

真っ直ぐに前方を見つめてクルマを運転する男性。
安全性の進化

最先端のハードウェアとソフトウェアを組み合わせた衝突回避技術により、次世代のボルボ車に乗る人だけでなく、その周囲も含めて、自動車の安全性の水準をさらに高められると考えています。

凍結路を走行するクルマのテールライトが発する赤い光の軌跡を長時間露光で捉えた画像。
自動運転の実現

自動車の安全性にさらなる発展をもたらすのは、ドライバーが監視する必要のない自動運転技術への挑戦です。これまで受け継がれてきた安全の伝統と衝突事故のない世界という大きな目標に導かれ、私たちはその発展の先頭に立つことを目指します。

ボルボの先進安全・運転支援機能はドライバー自身による安全運転を前提としたシステムであり、注意散漫な運転、無謀な運転、その他の危険もしくは違法な運転を補助または奨励するものではありません。
安全運転の最終的な責任は、いかなる状況でもドライバーにあります。上記の機能は国や地域により標準装備されていない、あるいは選択できない場合があります。