Skip to content
地球環境への取り組みは、究極の安全テストである。

The ULTIMATE SAFETY TEST

“いま、サステナビリティは私たちにとって安全と同じく重要です。“

- Håkan Samuelsson, Chief Executive Volvo Cars

私たちは車内にいるいないに関わらず人々の命を守ることを最重要ととらえ取り組んできました。そして、今私たちはかけがえのない地球を守ることを目的として、サステナビリティにも同様に貢献していきます。

我々は、この問題を生み出した一端を担っていると認識していると思います。 そして、だからこそ私たちは解決方法を考える必要があるのです。

ボルボ・カーズは2040年までにクライメイト・ニュートラル企業となる目標に向けて取り組んでいます。

私たちの取り組み

クライメイト・ニュートラルな製造

ボルボ・カーズは2025年までに、グローバルにクライメイト・ニュートラルな製造事業を行うことを目指しています。クライメイト・ニュートラルな製造ボルボ・カーズは2025年までに、グローバルにクライメイト・ニュートラルな製造事業を行うことを目指しています。当社では、自社でクライメイト・ニュートラルなエネルギーを調達および生み出し、工場でのエネルギー効率を向上させることにより、この目標の実現に取り組んでいます。私たちは確実に歩みを進めています。2008年以来、ヨーロッパのすべての工場は再生可能電力で稼働しており、2020年には当社のグローバル工場はクライメイト・ニュートラルエネルギーで電力の51%を供給しました。成都にある当社の中国最大規模の工場では、最近クライメイト・ニュートラルによる100%の電力供給を確保しました。

ボルボ・カーズは部品の再製造でCO2を抑制しています。再生の可能性を最大化します新しい部品の生産と比較して、再生部品は原材料使用量が約85%少なく、使用エネルギーが80%削減されます。現在、エンジン、トランスミッション、ターボコンプレッサー、クラッチなど、50種類以上の部品を再製造しています。2020年に4万個以上の部品を再製造することで、約3,000トンのCO2排出を抑制しました。

ボルボ・カーズでは、炭素排出量の増加を避けるためにスチールをリサイクルしています。製造時廃棄物の最小化2020年には、世界の製造時廃棄物の95%がリサイクルされました。つまり、追加の炭素排出量の発生を回避しただけでなく、貴重な材料を循環させ、新たに生産する必要のある未使用の材料の量を減らすことができました。リサイクルする廃棄物の大部分はスチールです。2020年、当社は176,000トン以上をリサイクルし、約64万トンのCO2の発生を回避しました。

ボルボ・カーズは、2040年までにネットワーク全体がクライメイト・ニュートラルであることを保証するために協力しています。ネットワークとの連携当社は、2040年までに当社のネットワーク全体がクライメイト・ニュートラルであることを保証するために協力しています。これには、効率化対策を推進し、事業のあらゆる部分で再生可能エネルギーのより多くの使用を確保することが含まれます。世界中の多くの我々のネットワークでは、すでにオンサイトで再生可能エネルギー供給を行っています。

ボルボ・カーズでは、ブロックチェーン技術を使用して、コバルトサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを向上させています。責任あるコバルト調達コバルトは、電気自動車用バッテリーの製造において重要なコンポーネントです。場合によっては、コバルトの抽出が人権に影響を及ぼす可能性があります。 私たちはブロックチェーン技術を使用して、コバルトサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを向上させ、材料の起源に関する情報が改ざんされないよう、また未検出のままにならないようにしています。当社のバッテリー内のコバルトが責任を持って調達されていることを確認するために、鉱山現場検査やGPS追跡など、サプライヤーと協力して、他のいくつかのプロセスを利用しています。

クライメイト・ニュートラルな製造

ボルボ・カーズは2025年までに、グローバルにクライメイト・ニュートラルな製造事業を行うことを目指しています。当社では、自社でクライメイト・ニュートラルなエネルギーを調達および生み出し、工場でのエネルギー効率を向上させることにより、この目標の実現に取り組んでいます。私たちは確実に歩みを進めています。2008年以来、ヨーロッパのすべての工場は再生可能電力で稼働しており、2020年には当社のグローバル工場はクライメイト・ニュートラルエネルギーで電力の51%を供給しました。成都にある当社の中国最大規模の工場では、最近クライメイト・ニュートラルによる100%の電力供給を確保しました。

ボルボ・カーズは2025年までに、グローバルにクライメイト・ニュートラルな製造事業を行うことを目指しています。

再生の可能性を最大化します

新しい部品の生産と比較して、再生部品は原材料使用量が約85%少なく、使用エネルギーが80%削減されます。現在、エンジン、トランスミッション、ターボコンプレッサー、クラッチなど、50種類以上の部品を再製造しています。2020年に4万個以上の部品を再製造することで、約3,000トンのCO2排出を抑制しました。

ボルボ・カーズは部品の再製造でCO2を抑制しています。

製造時廃棄物の最小化

2020年には、世界の製造時廃棄物の95%がリサイクルされました。つまり、追加の炭素排出量の発生を回避しただけでなく、貴重な材料を循環させ、新たに生産する必要のある未使用の材料の量を減らすことができました。リサイクルする廃棄物の大部分はスチールです。2020年、当社は176,000トン以上をリサイクルし、約64万トンのCO2の発生を回避しました。

ボルボ・カーズでは、炭素排出量の増加を避けるためにスチールをリサイクルしています。

ネットワークとの連携

当社は、2040年までに当社のネットワーク全体がクライメイト・ニュートラルであることを保証するために協力しています。これには、効率化対策を推進し、事業のあらゆる部分で再生可能エネルギーのより多くの使用を確保することが含まれます。世界中の多くの我々のネットワークでは、すでにオンサイトで再生可能エネルギー供給を行っています。

ボルボ・カーズは、2040年までにネットワーク全体がクライメイト・ニュートラルであることを保証するために協力しています。

責任あるコバルト調達

コバルトは、電気自動車用バッテリーの製造において重要なコンポーネントです。場合によっては、コバルトの抽出が人権に影響を及ぼす可能性があります。 私たちはブロックチェーン技術を使用して、コバルトサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを向上させ、材料の起源に関する情報が改ざんされないよう、また未検出のままにならないようにしています。当社のバッテリー内のコバルトが責任を持って調達されていることを確認するために、鉱山現場検査やGPS追跡など、サプライヤーと協力して、他のいくつかのプロセスを利用しています。

ボルボ・カーズでは、ブロックチェーン技術を使用して、コバルトサプライチェーンの透明性とトレーサビリティを向上させています。

モビリティにおけるサステナビリティについて、最高基準を設定することを約束します。

この秋、あなたへ。新しい体験を。

充電中のボルボRechargeモデル
XC40 Recharge
XC40リチャージに向かっている、スポーツバッグとテニスラケットを手にしたブロンドの女の子

ボルボC40 Rechargeは、環境への影響を低減するように設計された、ピュア・エレクトリックモデル専用として発表された初めてのモデルです。レザーフリーのインテリアは、ラグジュアリーの新しいカタチを表現します。もちろん最新のセーフティ機能が、あなたとあなたの大切な人の安全に寄り添います。

※本ウェブサイトに掲載されている画像やムービーは本国仕様となり、日本仕様と異なる場合があります。 また、仕様は予告なく変更される場合があります。 詳細につきましてはボルボ・ディーラーにお問い合わせください。